実は誰にもわたしの想いは届いてなくて、プラスにもマイナスにもなってないのかもしれないと思うと寂しくて悲しくなってきて、でも「ありがとうございました」って感想を残してくれている人を思い出したら不思議と涙が出てきてた。0時を過ぎた帰り道、チャリに乗って、声を上げて泣いた。写真たちのこと全然分かってないんだよなわたしは。距離を感じる。あ〜〜、疲れたな。

展示に一度も来てくれたことがないくせに遊びすぎとか言ってきてさ。なんなのもう、わかってないんだね。なんでバイトを増やしたのか、学校で何をやってるのか、どんな気持ちで写真をしているのか。本当になんにもわかってないんだね。

つらいなぁ。さみしい。

社会のことを分かったふりするのもしんどいし、数字とか誰からとか正直どうでもいい。

生きずらいなぁ本当に。